忍者ブログ

ダイエット方法を変えませんか?

あなたもダイエット方法を変えませんか?痩せやすくリバウンドしない体を手に入れる方法をお伝えします。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あなたの大切な一部分

「まだ大丈夫は要注意ですよ!」



食べすぎた時に吐いてすっきりさせる。

これはよく耳にする経験談です。

実際わたしもやっていた経験があります。

毎日ではないから、
癖になってるわけでも
ないから自分は大丈夫。

こう思ってしまうんです。

しかし、だいたいの吐き癖は、
この大丈夫から始まると
わたしは思っているんです。

テレビで同じように吐くことでスッキリさせ、
それがあぶない状態になっていく。

という話を聞いたりみても、なぜか自分はこの人とは違う。

吐く事がいい方法だと思っているわけではなくて、食べすぎた時だけ。

と思ってしまう。

しかし、吐くを始めてしまった時点で
キケンな状態に入ってしまっているんです。

自分はまだ平気。

こう思うということは、
罪悪感があっても実際には
吐かないとダメになっている。

そこまで危ないと
感じていないと思います。

だからたびたびではあっても続けてしまう。

そして、それで食べすぎた後でも
体重が増えていない事に喜びを感じてしまうと、
いつもの食事の後でも吐くようになってしまう。

食べすぎた時吐くと太っていない。
それなら、普通に食事した時だったら痩せる!

しかも食事自体は普通に摂っているから、
しっかり食べないとダメ!
など注意だってされなくてすむ。

吐いているなんて誰にも気づかれないし。

こうなると、
もう吐く事が当たり前に
なってきてしまうんです。

以前友達と一緒にすんでいた時、
その友人もそうでした。

始まりは特に
ダイエットのためにではなかったんです。

飲み過ぎて気分が悪くなり
吐いてしまったんですが、
その後気分がスッキリしたらしく、
しかも次の日体重が減っていた。

これが始まりでした。

ダイエットしていたけど、
アルコールが大好き。

この吐く事で、
ダイエットになって
しかもお酒も好きなだけ飲める。

そう感じてしまったんだと思います。

わたしも苦しんだ経験があったので、
注意しましたが知人はいつも言っていました。

「飲んだり遅くに食事した時だけだから、
大丈夫だよ!」

それが、
結局はエスカレートして毎食後になってしまい、
吐く事から抜け出すのに
すごく苦労しているのを近くで見ていました。

だからこそ、
一度でも吐いてそれが気分がスッキリした。

と感じてしまったら危ない!と思うんです。

体への影響を考えず、
とりあえず痩せれば良い!

というのであれば、
簡単に痩せる方法は
おそらくいくらでもあります。

しかし、
それらの方法はあなたを
苦しませるだけではないですか?

自分は大丈夫。

まだ大丈夫。

自分ではなかなか
大丈夫ではない事を気づけない。

気づいても痩せたいがために
気づかないふりをしてしまう事だってあります。

しかし、大丈夫!

こう決め付けるのではなく、
もし自分の大切な人が今の自分と同じ事をしていたら。

同じ状態だったらと
客観的に見て考えてみてください。

その場合、
あなたが大切な人に対してやめる!

と感じたのなら、
今のあなたの状態は
決してよくないという事になります。

あなたの体は
あなたの大切な一部分ですね。

大丈夫だからではなく、
無理をさせずに健康な状態で
いさせてあげてください。



おいしく食べられるダイエット

イライラしないダイエット術


北原靖朗 骨盤ゆがみ

李昇昊 り・すんほ 血糖値
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
加奈子
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- ダイエット方法を変えませんか? --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]